うなぎは通販で買ってもやっぱり白焼きに限るわ~

鰻を食す習慣についての由来にはいろいろあり、江戸時代に平賀源内が助言したという説がいちばんよく知られています。それによると、商売がうまく行かない鰻屋が、真夏に鰻を何とか売るため源内の元に教えを請いに行った。平賀源内は、「本日丑の日」と書いて軒先に吊るすことを教えた。その魚屋は大変賑わいましたした。その後、他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したという。現在まで、浜名湖産・四万十川産・鹿児島産と、多彩なうなぎを味わってきました。 臭みの強い安いうなぎを食べて、何回も騙されました。そんな中、通販で鰻を取り寄せするなら、味、品質とも「うなぎ専門店」が一番だと思ってます。うなぎ通販サイトの美食市さんは、味のほかにも、品質と安全性を両立させています。安く買っても、おいしくないウナギでは、お金をドブに捨てるようなものです高級うなぎだけを取り扱う有名通販サイトは、選りすぐった独自の仕入れルートを確保しています。そのうえ、自社で養殖・加工・調理の全てを行うことによって、ウナギの完成度だけでなく、食べやすさに驚きのうなぎ通販ショップがあります!高級な鰻を確保・販売ができ、値段的にも一定している通販ショップは美味なうえ安全で、しかも高級な国産ウナギを、すぐにお部屋でリーズナブルに振る舞えるので、素晴らしいことです。ウナギ科ウナギ属の呼称でうなぎです。うなぎといえば蒲焼きなど日本人の食文化と昔から深く関わり合いを持つ魚と考えられがちですが、実を言うと世界中の熱帯から温帯の海に広く分布する魚類で、その種類は18種類を越えます。日本では、二ホンウナギとオオウナギの2種類しかいません。うなぎ料理にニホンウナギが使用されます。そして、オオウナギはその名前の通り、全長2m、体重20kgにおよぶ巨大うなぎで九州や西南諸島で料理に使うそうです。政府はニホンウナギを2016年に絶滅危惧種指定したようだが、今までの30年間に、ウナギの生息数は90%も激減してしまった。天然ウナギの流通は少なく、市場に出荷されるのは、シラスウナギを捕獲して育てた養殖ウナギだ。養殖ウナギは、日本・中国・韓国・台湾で盛んだが、シラスウナギが年々獲れなくなってきている。ニュースによれば、シラスウナギの本年の漁獲量は上半期の2%くらいと歴史的不漁になっており、価格も高騰している。美味なうなぎの蒲焼きの食べかたは、お客様が多くいてよく回転する、大盛況店を選ぶことが大事です。うなぎの蒲焼きのう旨味を増すものにタレがある。しかも鰻のエキスがたくさん溶け込んだタレほど、旨味を増幅させます。また、うなぎの白焼きは温かいうちに頂くことが大事である。冷めてからでは、味が落ちます。そこで、経験から生まれたアイデアで、鰻を盛る丼の下を温めて提供する地方もある。「旨味」とは、時代ごとに変化するおそれがあるものです。ここ数年、巷には中国産の鰻があふれかえり、特に若い人達は中国産の鰻蒲焼の味に馴らされています。その時代の人の中には、極上の「うなぎの蒲焼き」を頂いたことがないと言う人が多いと思います。これは困ったことになります本来のウナギの旨さを理解できる人が少なくなり、ウナギの基準は「中国産のうなぎ」になってしまうということです。大げさに言うとすれば、「日本の食文化の危機的状況」だと考えます。もっと詳しく調べたい方はこちら⇒うなぎ通販ランキング