クレアギニンEXは腎臓の頻尿などに効果が期待できます

クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓に行き分離された後尿と合わせて体外へ排出されます。クレアチニン量は、個人の筋肉や運動量に付随します。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉量が落ちてくると、当然クレアチニンの数値も下がります。この他に、女性の場合妊娠時に、尿から排出するクレアチニン量が増加するので、本来の値よりクレアチニン量が低下します。腎臓病を患う方にお奨めしたい、低たんぱくの特殊食品があります。ご飯管理をつづけていく上でこうした食品は不可欠でしょう。腎臓の機能が落ちていく程、より厳しくご飯を制限しないといけません。その他に、糖尿病を患う方なら血糖値(血糖ということもあるでしょう)をそのままにする観点から、エネルギー制限も追加されるのです。自分で勝手にご飯内容を決めずに、医師や栄養士の指導を受けて決めるようにしましょう。肉や魚その他卵や豆腐は結構な量のたんぱく質があり、食べ過ぎに注意が必要な食品です。甘い食べ物に関しても案外多量のたんぱく質が入っています。お菓子には豆類や乳製品が内蔵されているため、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個相当のたんぱく質が入っています。浮腫が凄かったり尿があまり出ない時は、塩分に加えて水分の調整も必要になります。制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品内に入っている全ての水分と捉えます。浮腫そのものが無い或いはそこまで酷くない場合塩分の制限のみ行う事となります。こうした際の水分量の制限は病気の進行状況や尿量を基に医師が決定します。脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なので独断で制限を行う事は危険です。ご飯によって獲得したたんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓中で分解されて、残った老廃物は尿といっしょに体外へ出されます。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に悪影響を出します。腎機能を損なわないためにも、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります。とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で欠かすことの出来ない栄養素であるため、一定値は摂取しないといけません。腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため本来通り血流が成されずに、本来体外へ除去されるべきナトリウムや水分が体内に残ってしまいます。この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、体内に増えてきます。こうした結果血液の内部に窒素が増加し、尿毒症の原因となったり、ナトリウムが増えて高血圧になったりということがおこります。なのできちんとご飯療法を手掛けて、塩分・水分・蛋白質・エネルギーに関して特定量常にそのままにする事が入り用なのです。腎臓病を患った方が行うご飯療法のポイントは、腎臓病を極力進行させない事と、体調を良好に保つことにあります。透析導入前の保存期の方であれば、ご飯療法を基に腎不全の急激な悪化を食い止められ、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。加えて、透析をはじめても、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、ご飯療法は重要視されます。腎臓病を患っていてもご飯療法が的確ならば、余分な毒素や老廃物を追い出しやすい体質に変わります。老廃物が蓄積されなくなば尿毒症を予防し、腎臓病の進行具合を遅くする事が可能になります。だいぶ効果が出た場合には、腎臓病が進行しなくなっ立と言ってもいい程遅らせられるようになります。ご飯療法が難しいと言いますが、これは制限の内容が難しいと言う事ではないんです。ご飯療法は、患者が自ら意欲的に取り組める最善の手法になります。人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になります。糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質は分解されると7~8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に腎臓に負担を与えてしまいます。この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日換算で約30g~40gです。カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行いましょう。茹でる事で無くせるカリウムの値は、食材の品目や調理時の水量・形状・処理時間次第で変動します。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できます。
お世話になってるサイト>>>>>クレアギニンEX