糖尿病性腎症の食事は宅配食にするのが基本です

糖尿病性腎症というと、制限された食事と大抵の患者さんは捉えます。でも、もし糖尿病になってしまっても、決して食べられないという食品はありません。「食事療法」といっても特別なメニューがある理由ではなく、食品にふくまれる栄養素の種類とバランス・自分に必要な総摂取エネルギーを工夫しながら実践することが目的です。食事療法のそもそもの目的は、糖尿病の患者さんのみに与えられたものではなく、健康なひとでさえ日常的に意識しないといけないということです。バラエティに富んだ食品から適量な栄養素を摂取することが、調和のとれた食事となり糖尿病の方には治療法のひとつにもなります。それぞれに適したエネルギー量があり、その範囲内でバランスのよい食事を摂取するためにヒントとなるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。私たちが毎日食べている食品を食品交換表で参照してみると、それぞれに多くふくまれている栄養素を持とにして、6つの食品グループと表で示し調味料とは分けて、食品の重量を1単位80kcalとしてけい載しています。食品交換表を持とに普段の食事を意識すると、献立づくりの悩み解消にもなります。いわゆる糖尿病とは、インスリンという血糖値を下げる役割を担ったホルモンがバランスを崩し、継続的に血糖値が高いままの病気です。糖尿病発症後は治療の目的として、生涯にわたり正常なバランスを維持するための体重・血圧・血糖・血清脂質の管理を継続することで、糖尿病の合併症である網膜症・腎症・神経障害や動脈硬化症、いわゆる心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽を防ぎ、病気に縛られない普段の生活や人生をたのしみながら送れるようにすることです。治療法はさまざまですが、正しい指導の持と食事療法を通して、その他の発症や進行における糖尿病合併症や動脈硬化症を防ぐことができます。健康診断などで糖尿病予備軍と注意(頻繁に受けていると、信用を失いかねません)をうけた経験のある方たちのなかで、「まだ予備軍だから、いままでどおりの食生活で大丈夫、スポーツも中々できる時間がない」と思っている人も多いでしょう。糖尿病予備軍といわれている間は無自覚なため、前もって生活を変えるということは難しいことです。そのうち、次第に境界型という糖尿病になってくると、いろいろな体調の変化が顕れてきます。たとえば、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの数値に変化が及ぶ状態は、糖尿病と診断される前の段階からあります。一日3回の食事の量は、毎食ごとなるべく同じくらいがよいのですが、たいてい夕食を多く摂ってしまいます。食事は、忙しくても20分かけてゆっくり食べることです。そうした食習慣で、血糖値が上昇するのを抑えたり、満腹中枢が刺激され食欲が満たされるからです。忙しいとき、シゴトの合間に短時間での食事摂取は回避しましょう。食物繊維には血糖値を下げるメリットがありますので、海藻類やきのこ類はたくさん摂取して下さい。ポテトやコーンには多くの糖質がふくまれているので気を配って下さい。医師から指示されている1日の総摂取エネルギーが1600kcalの場合、1日20単位の食品と置き換えることができますが、それぞれの栄養素が偏らないように選ぶことが大事です。代表的な外食メニューも、「食品交換表」には紹介されています。参考にして、ある程度のカロリーや栄養素を覚えておくとよいでしょう。食事療法のみでなく薬物療法も行っている場合、食べるタイミングを適切に判断しないと、低血糖を伴う可能性があるので心がけが必要です。旬の食べものを積極的に取り入れたメニューや、外食の仕方にも工夫を凝らして、食事療法を豊かにして下さい。糖尿病は、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に大別できます。そのうち、日々の食生活や生活習慣の影響は大聞く患者数の最も多いのが、「2型糖尿病」です。はじめは血糖値が高いこと自体に自覚症状を感じないことが多いですが、病状の継続・悪化につながりやがて合併症を引き起こす要因となります。2型糖尿病の大きな原因は誤った食生活に由来するため、食生活の改善なくして治療は行なえません。糖尿病性の合併症を防ぐための体重や血糖のコントロール、併せて悪化へ導かないことも食事療法の目的です。2型糖尿病や肥満の原因のひとつとして体内時計の乱れがあります。毎日の睡眠や体温、また体内の血圧や糖代謝・脂質代謝など、それらの生理機能には日内リズムというものがあり、いわゆる「体内時計」によってコントロールされています。毎日の生活習慣は、「体内時計」に多大な影響を及ぼします。「時間栄養学」は「体内時計を考えた栄養学」と捉えることができます。これまでの栄養学でいわれていた「何をどのくらい食べるか」に、体内時計の観点から「食べるタイミング」を加え、食事のリズムと機能性がもたらす作用について調べる新しい研究分野です。「緩やかな糖質制限食」は、糖質摂取量の目安が1食あたり40gまでです。一日3食のバランスを考えながら、ご飯は少なめにすることが重要です。糖質ばかりの「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。「カツ丼とざるそばセット」のようなものも同様です。つまり、バランスの偏った糖質ばかりの食事はよくないということです。糖質制限の考え方からも栄養素の豊富な幕の内弁当とご飯の量を減らすことを、すすめています。「緩やかな糖質制限食」では、それほどカロリーを気にしないで、野菜、お魚・お肉はたくさん食べましょう。人は加齢と伴にインスリンの働きが低下するため筋肉への糖の吸収が減っていきます。その結果、血糖値の上昇へとつながります。食事の後は一段と、ブドウ糖が体内へとすぐに吸収されるため血糖値が上昇します。血糖値上昇を防ぐ手段が「ベジタブルファースト」です。食事の際、野菜から先に食べる食事法です。食物繊維を豊富にふくむゴボウやキャベツといった野菜は、ほかの食品の消化吸収を緩やかにする効果があります。併せて、ご飯や麺類などの炭水化物にふくまれる糖質をゆっくり吸収するので、ブドウ糖が体内に吸収されるのを軽減します。PR:糖尿病性腎症食事宅配