腎臓病の食事は宅配食だと負担なくうまくいく

日々の食事ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、具体的な献立の工夫や、減塩のポイントなどを教えます。主要な低たんぱく食事療法は、治療用特殊食品の使用が要となりますから、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。実際に患者さんがどの程度のたんぱく質や食塩を体内に取り入れているかをチェックします。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、たんぱく質や食塩の摂取量を分析できます。CKD治療の柱は薬物治療と食事療法になり、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。食事療法は減塩・蛋白制限が主となり、減塩食については、高血圧の治療を容易にし、蛋白制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。CKDステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日ですが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、いわゆる蛋白制限食は不味い、あるいはカロリー不足などの懸念から、実施に及ばない方も多々見かけます。食塩を制限することによって、腎臓の負担を軽減できます。食塩摂取の適量は、一日6g未満とされています。加工品や塩蔵品をさけて、できるだけ生の食品を摂りましょう。天然のだしは料理の味付けに最適です。天然の味をおいしく食べることができます。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品には、たんぱく質が多く含まれます。たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に「低たんぱく食品」が一般に販売されています。管理栄養士に相談した上で、適切に使ってみてください。腎臓機能が低下し腎臓病が悪化してくると腎不全といわれる状態になります。その腎不全には、急性に属する急性腎不全と、長い年月をかけて徐々に腎機能が悪化する慢性腎不全があります。急性腎不全の場合は、病状にふさわしい治療と腎機能の悪化に伴う要因を払拭できれば、健康な状態への回復が期待できます。後に挙げた慢性腎不全では、腎不全の進行とともにゆっくりと腎機能が失われ、回復することはありません。腎臓という臓器はソラマメに似た形状をしておりどの辺りにあるかというと、ちょうど腰辺りの左右に一個ずつです。この腎臓には極小の血管、糸球体とよばれるものが数多く存在している場所でもあるのです。この腎臓の主な働きはというと、たんぱく質の代謝によって生じた血中のいらなくなったものを尿とともに排泄します。その他、体内に含まれる電解質の濃度を一定に保つ、赤血球を作るホルモンや血圧調整、骨組織に必要なホルモンを作り出すなどの必要不可欠な働きをしています。健康な腎臓機能でなくなると、回復の見込みが少なく慢性腎不全に進行する確率が高くなります。とはいえ、近年の医療技術の発展により早期発見・早期治療が実現できるので、未然に腎臓の機能低下を防いだり、悪化を食い止めることも不可能ではありません。もし、末期の腎不全になったとしても、透析療法や移植といった腎代替療法の中でもそれぞれに応じた治療法も加わり、個々の状態と環境にマッチした治療を見つけることが可能です。慢性腎臓病に関しては、腎臓の機能が明白に改善することは少ないので、大抵は体内のカリウムを排泄する働きが低下していき、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、カリウム摂取を減らす必要があります。野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、加工していない生の野菜や果物よりも多量のカリウムが含まれています。そういった理由も含めて、もし腎機能が健康でない患者さんが、いつも野菜ジュースを飲んでいると、高カリウム血症を発症する危険が高まります。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。腎臓というのは背中に2つありそこで尿を作り体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割があり、電解質のバランスを整えたり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を作る働きをしたり、私たちの体のために重要な役割を担っています。腎臓の治療はもちろん病院にきて薬を飲んだり注射をしたりの対処も大切ですが、日々の食事や生活の習慣を見直すことが不可欠です。腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、後天的なものが原因で発症するものなどいろいろありますが、日頃から健康診断を怠らないようにし、日常的に規則正しい生活を続けることにより健康的な生活を維持することが可能になります。ただし、腎臓病の種類によっては進行に気づかず自己判断が難しいものもあるので、常に油断しないようにすることです。例えば、いつもとは違う尿が出た場合は、医師の診断を仰ぎ自己判断を避けましょう。もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重で約0.8g/kgです。標準体重を約60kgと仮定すると、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。例えば、食品に含まれる蛋白の量を知りたいときは食品標準成分表を参考にしてもらえばよいと思います。栄養士からの食事指導で、これらの蛋白量に関する自分なりのアイデアを取り入れることも可能です。開業医さんの中には食事指導が難しい場合もあるので、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介してもらい、専門的な意見をもらってもよいでしょう。こちらもおすすめ>>>>>腎臓病食事宅配