つるかめキッチンの宅配食は専門の管理栄養士が献立を製作しています

腎臓病の宅配食は彩りのある食生活を支援してくれる利点があります。毎食、低タンパク食を自分で作ったり家族に料理を頼めば本人も家族も心身伴に大きな負担となります。塩分も抑え気味になるので、味付けにも不満が出るかも知れません。食べられることの幸せは食べられなくなってから気付くというのが食事制限をしている多くの方の意見です。腎臓病患を抱える方の低タンパクの食事宅配サービスは時代とライフスタイルに合わせた利便性の高いサービスです。腎臓病食事宅配サービスは、食事療法用宅配食品等栄養指針にのっとって、専門の管理栄養士が献立を製作し、患者様が満足してお召し上がりになれる食事づくりとサービスを提供すべく努力しています。プロの料理人と病院給食ベテランの管理栄養士監修レシピの持と、厳選された材料を用いて調理過程で食品添加物は一切使わず、加工食品も最小限に抑えて一品ずつ栄養成分を調整しながら調理した手作りの宅配食です。糖尿病の予防やダイエットなどに効率的で安全、しかも便利と三拍子そろった食事です。腎臓に不安がある人が毎日の食事で気をつけなければいけない点は、たんぱく質・塩分・エネルギー・カリウム・リン・水分など沢山あります。素人がこれらの栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物などが主な栄養素です)を細かく計測しながら、食事を造るのはほぼ不可能です。味や栄養のバランスを常に意識しながらでは毎日ストレスを抱えながら料理を作らなくてはなりません。しかし、管理栄養士によって監修された食事宅配サービスは食事制限中の方でも安心して美味しく食べられる食事を作ってくれるため、ストレス無く食事生活の改善を実行できます。腎臓病患者は高エネルギー・低たんぱくの食事療法が必須であり、その調理は難しく高度なレシピ作りと調理技術が必要です。必要なカロリーを保ちつつも低蛋白になるように、一般的に弁当は揚げ物のおかずが多くなりがちですが宅食サービスは揚げ物のおかずに偏らないように工夫して独自の方法を確立しています。他社の追随を許さない程の完成度の高い、慢性化した腎臓病の症状の進行をちょっとでも遅らせるために食べていただくたんぱく制限食の食事を多数取り揃えました。腎臓病患者が自宅での食事に注意する場合にご本人だけでなく料理を準備されるご家族に大変な苦労をかけてしまいます。腎臓病患者様むけの宅配食サービスは毎回の食事を確実に制限内の数値におさめつつ美味しさや食べやすさにも配慮して食事のメニューも日替わりで飽きずに続けられること、お値段も安いため続けやすいこと、さらにはご家族の中で一人だけ食事制限をおこなう場合にも家族は普通食のみ創れば良いため、非常に負担が軽くなります。父は糖尿病、母も足が不自由なため私が通いで夕食を作っていましたが、しごとの関係で、必ず毎日造るということができませんでした。そこで職場の方に教えていただいたのが、宅配の食事サービスです。即座に申し込みました。若い頃から食べることが大好きな父は私の料理では満足できないのではと思い込んでいました。今では、母も料理をしなくて良いということで父と母、両方の宅配食を頼んでいます。夕飯の買い物や調理にかかる時間を節約できたのがうれしいです。食事宅配サービスの通販ショップは、食事制限の必要な方、しごとや家事や育児で忙しい家族にとって大変便利なサービスです。専門の管理栄養士による監修の持とに栄養バランスが整っていて、老若男女全ての方に食べやすく味の良い食事を配送いたします。カロリーや栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物などが主な栄養素です)に制限がある方もひとりひとりに合わせた食事をチョイスできるので家族も患者さんもお互いに負担なく食事することができます。冷凍状態で配達するため、チンするだけで手間がかかりません。1日当たり1800Kcal・たんぱく質40gとなり理想的な制限量になります。 白米は大人用のお茶碗を基準にしており、食の細い方は更に摂取量が少なくなるのです。おかずだけでたんぱく質が10g以上、これでは全体の制限値をオーバーします。制限値を超えてたんぱく質を摂取するとクレアチニン値も高くなり、人工透析をおこなうリスク(会社経営などではしっかりとマネジメントすることが大切です)が高くなります。たんぱく質の摂取量が少なすぎても、同じようにクレアチニン値が高くなり、人工透析の治療をおこなうリスク(会社経営などではしっかりとマネジメントすることが大切です)が高まります。食事制限が生易しいものではないと言われるのはこういう理由からです。宅配食サービスは冷凍処理されて納品時には、一食ずつお弁当箱に入っています。原材料や栄養表示がしっかり明記されています「低たんぱくで減塩」と聞くと『かなり味が薄いのではないか?』『満足できるのか?』という不安がありましたが、私にはそんなに薄味にも感じないくらい美味しく感じました。外食には不足しがちな魚も付いているのが嬉しいです。冷凍宅配弁当の味付けに不安でしたが全く問題なく、美味しく食べることができたのでびっくりしました。父が病院で食事制限をうけました。私も最初のうちは手作りの料理を届けていましたが、やはりしごとがあれば毎日というりゆうにはいきません。そのため、宅食サービスを利用することに決めました。自身の健康状態に合わせて献立を選べるので父はカロリーを控えたメニューにしました。最初父は「おかずが少なくてオナカがもたない」と文句を言っていましたがそれでもがんばって間食を止めたので症状が良くなりました。バランス良く栄養を摂れるので食後しばらくすると空腹も落ち着くようです。参考サイト:つるかめキッチン