慢性腎不全の食事療法は減塩食が大切です

腎臓の形はというとソラマメに似ていてどの辺りにあるかというと、ちょうど腰辺りの左右に一個ずつです。この腎臓には極小の血管、糸球体とよばれるものが数多く集まっています。腎臓の主な働きは、たんぱく質の代謝により生じた不要なもの、いわゆる血中の老廃物や毒素を尿の中に排出します。体内の電解質の濃度を一定に持続したり、または、赤血球を作るホルモンや血圧のバランスをキープしたり、骨組織に必要なホルモンを作り出すなどの我々の体にとって大事な働きをしているのです。近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。腎臓というのは背中に2つありそこで尿を作り体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、その他、電解質の安定を保ったり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、これらの機能は我々の体にとってとても大事です。腎臓病治療は当然病院でそれに応じた治療を受けることが望ましいですが、それ以前に、日頃の食生活習慣を見直すことが大事です。推奨蛋白摂取量は、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。もし標準体重が60kgくらいであれば、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。食品に含まれている蛋白の量についてはよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。このような食事療法については、栄養士の指示で自分なりのアイデアを取り入れることも可能です。仮に開業医さんに食事指導を受け付けてもらえなかったら、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。CKD治療の主なものは薬物治療と食事療法で、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。そのための食事療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、減塩食は高血圧治療を容易にして、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、あるいはカロリー不足などの懸念から、実行に移せない方がたくさんいます。腎臓の病気が進んで腎臓の機能が低下してくると腎不全といわれる状態になります。その腎不全には、急性に属する急性腎不全と、数か月から数十年の長い年月をかけてじっくりと肝臓を蝕む慢性腎不全があります。先に挙げた急性腎不全は、適切な治療を行って病状に至る原因を取り除くことができれば、腎機能の回復が見込めます。後に挙げた慢性腎不全では、腎不全の進行とともに回復の見込みが薄くなり、徐々に腎臓の機能が失われます。腎臓の機能に異常が顕れた時は、健康体へもどることが難しく悪化すれば慢性腎不全になります。進行の回避には早期治療の開始が望まれ、近年の医療技術がそれを実現し、腎臓の機能の低下を防いだり、遅らせることができるようになりました。病状が末期腎不全に推移しても回復の見込みを著しく悲観することはなく、これまでの透析療法や移植とは別にそれぞれに応じた治療法も加わり、個々の状態と環境にマッチした最良の治療が望まれます。一般に腎臓病といわれるものには先天的なものに起因する腎炎であったり、あるいは感染などが原因で先天的なものに起因しないものまでさまざまですが、健康診断を習慣化し、病気と無縁の生活状態を意識することで健康的な生活を維持することが可能になります。ですが、腎臓病の中には症状が顕れなかったり日常に支障をきたさないものもあるため、予防がなかなか難しいのも現実です。例えば、いつもとは違う尿が出た場合は、まずは医療機関での受診を優先しましょう。慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを保つためにカリウム摂取を減らす必要があります。野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮した状態になっているので、生の野菜や生の果物と違ってそのものに含まれたカリウムの量が圧倒的に多いです。そのため、腎機能障害のある患者さんが、日頃から野菜ジュースを多量に摂取した場合、さらに高カリウム血症の症状が顕れるおそれがあります。。日々の食事ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、メニューに関するアイデアや、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。主要な低たんぱく食事療法は、治療用特殊食品の使用が要となりますから、それに必要な紹介や説明もしていきます。具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることで、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。食塩を制限することによって、腎臓の負担を軽減できます。食塩摂取量の目安として望まれるのは、一日6g未満です。加工品や塩分多めの食品よりも、生の食品を選びましょう。煮物や汁物などは、天然のだしをきかせましょう。天然の味をおいしく食べることができます。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品には、たんぱく質が多く含まれます。たんぱく質の制限を必要としている方にふさわしい食品として「低たんぱく食品」も選択肢のひとつです。目的に応じて、使い方などは管理栄養士に相談してください。参考にしたサイト>>>>>腎臓病 食事 宅配