クレアチニンが高い原因は腎臓の機能低下が疑われる

腎臓病でも食事療法・食事制限が適切だったら、体内に邪魔な老廃物や毒素がたまらなくなるのです。老廃物が無くなれば尿毒症を引き起こさず、慢性腎臓病の症状進行を極力抑える事ができるのです。かなりの精度で効力が発揮されれば、腎臓病の進行をほとんど止まっているくらい遅らせられるようになります。食事療法・食事制限は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではありません。食事療法と言うのは、患者が自主的に取り組める最善の手法になります。腎臓病に罹ると糸球体にダメージが出るので本来通り血流が成されずに、本来体外へ除去されるべきナトリウムや水分が体内に残ってしまいます。この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、体内で増加し初めます。その結果 窒素が血液中に増えて、尿毒症の元凶となったり、ナトリウムが増えて高血圧(一日のうちでも変化していますし、精神状態にも左右されます)になったりということがおこります。ですので水分・塩分・蛋白質・エネルギーに関して、正しい食事療法・食事制限の元一定量を体内に供給しつづける事がもとめられます。食事によって獲得し立たんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓中で分解されて、無駄な老廃物は尿を出す際に一緒に排出されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。腎機能を維持する上で、たんぱく質の摂取量には気を配る重要があります。とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大事な栄養素であるため、適切な量は摂取する重要があります。腎臓病と格闘する方に有用な、たんぱく質の少な目な特殊食品が売られています。このような商品を的確に用いる事が無理のない食事管理に繋がります。腎臓の機能が低下するにつれ、今よりも力を入れて食事を管理する重要があります。また、糖尿病(血液のブドウ糖を一定に保つホルモンの働きに何らかの要因で異常が生じることにより発症すると考えられています)の患者さんは血糖管理のため、エネルギー量にも病理制限が生じます。食事内容は自己流で判断せずに、専門の知識を有する管理栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにしましょう。水に溶けやすい性質をもつカリウムで野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理を初めましょう。茹でる事で無くせるカリウムの値は、食品の分類や調理を実行する際の形状・水量・所要時間により相違します。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげんなどの豆類で30%程カット出来るでしょう。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、きちんと搾る事で効果は高まります。浮腫がひどいときや尿量が少なすぎるときは、塩分に加えて水分の調整も重要になります。このような場合、飲み水だけにあらず、食品内に入っている全ての水分と捉えます。浮腫の程度が軽かったり存在しないのだったら塩分の病理制限のみで済みます。制限時の水分量に関してはあくまでも現段階での病状や尿量を踏まえて医師が決めます。脱水状態に陥ると腎臓機能はどんどん低下していきますので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。クレアチニンは筋肉中に存在している物質から創り出される老廃物で、腎臓に行き分離された後尿中に排出されます。このクレアチニンの量は、筋肉や運動量と関係しているといわれます。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉量が少なくなれば、合わせてクレアチニンの数量も減るワケです。加えて、妊娠状態にある際は、尿と合わせて排出するクレアチニン量が増加するので、平常時に比べてクレアチニンの値が下がっていきます。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、食べ過ぎないように工夫する重要があります。甘い食べ物に関しても案外多くのたんぱく質が入っていたりします。おやつは製造過程で小豆や牛乳・卵が使用されているので、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、たんぱく質の過剰摂取になります。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個に近いたんぱく質が入っています。慢性腎臓病を発症した方のおこなう食事療法の趣意は、腎臓病の進行ペースを遅くさせる事と、現在の健康状態のキープです。透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法・食事制限によって腎不全の進行をスローペースにし、透析を要する時期を極力遅く出来るでしょう。また、人工透析導入後も、体調を保ちながら安定して人工透析をつづけていくために、食事療法は重要不可欠です。体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質が挙げられます。糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺に居座りつづけることはありませんが、たんぱく質に限っては分解されても7~8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に腎臓に負担がかかります。それ故、たんぱく質の摂りすぎは宜しくありません。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重(ダイエットというと、つい体重の増減ばかりを気にしてしまいますが、そういうダイエットはリバウンドの元でしょう)1kg換算0.6g/日であり、一日換算で約30g~40gです。
こちらもおすすめ⇒クレアチニン 高い 原因