まごころケア食は高齢者の介護食にも対応可能な宅配食でとてもおすすめです

歳を重ねること、そして怪我や病気をするこが原因で、固いものの食べづらさや水気の多いものが飲み込みづらいといった問題に直面します。どんなに食事への不安があるとしても楽しく食事ができるように、介護用の食品には、食べやすさを第一に考えて作られた商品や、少ない量で不足している栄養を補える商品などがあります。家庭で介護食を用意するのはとても大変です。介護用食品で、毎日にゆとりが生まれたり、何を創るか頭を悩ませる必要もなくなります。介護を受ける方もその家族も、どちらにとっても嬉しい介護食品を使わない手はないでしょう。病院食は完成品を丸ごとミキサーにかけた流動食が中心で、美味しさもその見た目もあまり良いものではありませんでした。入院中の高齢者の方の食事が進まなかったのは噛めないのではなく、その原因のほとんどが見た目の悪さや味の悪さなので、家で食事を用意する際は病院食と同じ類のものは絶対に出さないつもりです。入院先の病院で摂食嚥下障害に関して特に詳しい看護師さんに自宅での介護食の用意の仕方について質問してみたら、食べやすい形状のものであれば何でも食べられると教わりました。毎食ごとに小分け冷凍しておくと便利だと気づいたんです。歳を取ることでみられる顔まわりの筋肉の衰えや歯がもろくなってしまうことにより、飲み込んだり噛むことも満足にできなくなっていきます。今まで何の問題もなく食べていたものをうまく食べることができず、よく飲み込んだときにむせてしまい、「誤嚥性肺炎」という食べ物が誤って気管に入ってしまったことが原因でなる病気になってしまう可能性もあります。多くの高齢者は若い頃と比べて食べたいという気持ちが少なくなりますので、柔らかいものなど簡単に食べられるものばかりを食べてしまったり、そもそもの食べる量が少なくなったりして栄養不足になっていることがあります。口にしやすい介護食を創るため、そして身の回りの世話をする方の食事の用意の負担をできるだけ少なくするためにも、それ専用の調理器具は必要不可欠です。介護食の特質を挙げるとすれば、柔らかさ、なめらかな食感、咀嚼しやすいサイズです。フードプロセッサーは水分が少量でも食材を刻む、さらに細かくペースト状にしたりなど、簡単に調理ができるようになります。そしてマッシャーやすり鉢を使えば食材を潰して食べやすくすることもできます。さらになめらかさが必要な場合には、つぶつぶ感をなくすために裏ごし器を使うのも良いでしょう。食べる側の食欲の有無は、介護食の見た目に関係します。飲み込みやすさや食べやすさを重視しすぎて、食事本来の楽しみである見た目や味に魅力が感じられないと、食べたいという気持ちがなくなってしまいます。無理なく口に運べるか、飲み込むときに無理はないかなどに注意深く気を使っています。年齢と一緒に唾液も作られにくくなりますので、食べた時に口の中がからからになってしまうようなものは食べにくいです。一方で水分が多すぎても、むせこみやすくなってしまうので、口にしやすい材料を使って、食事に無理のない形状に創り変えます。疲れにくく病気になりにくい体を維持するためにエネルギーを、いつまでも体を活発に動かせるように質のよいタンパク質の多くふくまれているものを積極的に摂るようにしましょう。例えば卵や豆腐は質のよいタンパク質が多くふくまれている食材なので、もし肉や魚がうまく食べられない人は、卵や豆腐で替りに補うことができます。卵や豆腐とはまた違って、肉や魚などの動物性たんぱく質には栄養素、例えばアミノ酸やビタミン・ミネラルの種類が豊富なので、数多くの品目を毎日食べている人は、歳を取っても活動範囲が狭まることもなく、その上より長く人生を謳歌できるといいます。ここ最近、高齢者の間で問題視されているフレイルという状態をご存知でしょうか。フレイルとは、体重が落ちたり歩いてもすぐ疲れてしまうといった様子がみられ、このまま悪化してしまうと要介護の状態になってしまうであろう状態のことを言います。このフレイルという状態から、筋力が衰えてしまう「サルコペニア」や、骨や関節・筋肉の機能が低下することによって歩くことや日常の生活を送る上で大変な問題を起こす「ロコモティブシンドローム」、そしてさらには起き上がるのも厳しい状態に繋がることが知られています。そして十分な栄養を摂らないことこそが、最悪の事態を引き起こす原因なのです。高齢者のための施設での食事は栄養士が必要な栄養素を考慮したメニューを創り、それの通りに調理された料理を提供していますが、嚥下(飲み込み)や咀嚼(噛む)の機能が低下している方の場合は、その状態に合わせて調理されたものものが必須です。また各老人ホームによりますが、どの料理も見た目にさほど差のないペースト状の食事ではなく、「ソフト食」という見た目は食べ物その通りですが舌を使って簡単に押しつぶすことができるものがあり、どんなに噛んだり飲んだりする動作が難しい方でも、どれだけ食べ物を味わって食べられるかに焦点を当てた調理法を教えてくれる老人ホームもあります。年齢の変化や病気によってそれまでのように食事ができなくなります。介護食は食事が思うようにできない方のための食事ですが、ひとりひとり機能の程度はちがいます。安心してごはんが食べられるような手掛かりとして介護食のレベルがあります。食べる動作の難しさの度合いによって嚥下食ピラミッドを普通食から嚥下食までが6つの程度に分け、食べる力がどの程度かに合わせて、食物の形や柔らかさなどを同じにすることにより家庭でも病院や施設と同じように問題なく食事を行うためにとても役たつ指標です。「あまり食欲がない」「食べにくい」と感じることが増えると、あえて手の込んだものは作らなくなってしまいます。沿ういった場合は、今ある食材をプラスするなど、少量でも効率よく栄養が摂れるように工夫してみましょう。あまり食事をしたくないとき、おかゆだけを口にして終わらせてしまってはいないでしょうか。おかゆを創る工程で使われる水の量はごはんよりも多いため、茶碗一杯分のエネルギーは、ごはんと比べてなんと半分以下しかありません。そのためおかゆと一緒に、その他の食材をうまく組み合わせて、その日に必要なエネルギーや栄養を足すことを心がけましょう。参考サイト:まごころケア食